歯の診療

歯科は、歯または歯に関連している疾患を、専門的に扱っている診療科のことである。
一般的には、虫歯や歯周病を中心とした口腔内の疾患を治す目的で、処置が行われており、病院内に設けている場合もあるが、多くは診療所としての形態で地域に密着した形で診療が行われている。
現在はエプーリス除去やインプラント埋入術など、入院にはならない小さな手術をする診療所もあり、最新の歯科医療によるニーズが高まっている傾向にある。

●インプラント
歯科では様々な治療を行うことができる。その中の一つにインプラントと呼ばれる治療があり、近年利用する人が増加している。
インプラントの歴史は、インカ帝国のペルーから始まる。ここで暮らしていた人は、歯が抜けてしまったりするとその代わりとしてエメラルドの歯根などが代わりに歯として埋められているのが判明している。
それを利用してインプラントという、人工歯根の考えが生まれたのである。

●審美歯科
審美歯科の始まりは、1990年台だと考えられている。
ここでは、ロサンゼルス歯科医師が歯にも審美的な部分が重要であると考えられた事が始まりだと言われている。
日本では比較的新しいものとして審美歯科が考えられているが、これから女性を中心として審美歯科の人気は益々高まっていくだろうと考えられている。

おすすめサイト



アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし